wimaxについて知っておきたいコト

wimaxについて
wimaxは携帯電話の3G、LTEなどと同じ移動体通信方式の規格で、日本においてはKDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスを提供しています。

簡単に説明すると持ち運びが自由な無線インターネット、通話機能はないので完全にインターネット専用のサービスと言えます。

またwimaxの契約時に提供されるモバイルルーターにより、Wi-Fiでスマホ、タブレット、パソコンを使用できます。

一般顧客に対するサービスがスタートしたのが2009年なので歴史は短く、最新版はwimax2+で下りの最高通信速度は1.2Gbpsとなっています。

wimaxのメリット

wimaxは無線だから固定回線と比較して安定感には欠けますが、電波環境がいい場合は光回線に引けを取りません。

そんなwimaxの一番のメリットが工事不要な点と言えるでしょう。だから簡単にインターネットを利用することが出来、モバイル回線では現在の光回線よりも通信速度が速いのが魅力と言えます。

その他にもドコモ、au、ソフトバンクが提供しているLTEの場合は通信制限が月間3GB、5GB、7GB、20GBに設定されています。

そしてインターネットを長時間使用する人の場合は通信規制がかかってしまうリスクがあります。それに対してwimaxの規制の条件はかなり緩いのが特徴です。

あと月額料金についてはフレッツ光などの光回線よりも安価に使用することが出来ます。またオプションでauLTEが同時に使うことが出来ますし、auスマホとセットだと割引でお得になります。だからauユーザーには特にお勧めと言えるでしょう。

それに新規申し込みキャンペーンがとても魅力的なのでチェックしてみて下さい。

wimaxのデメリット

wimaxの最大のデメリットは電波の性質上壁、ビルなどの建造物や障害物に弱い点です。

だからwimaxエリア内であっても、電波を発信する基地局と受信しているルーターの間に障害物があるとあまり電波が入りません。だから快適に使える環境とそうでない環境との差が大きいと言えます。

さらにwimaxのエリアは広いのにドコモ、au、ソフトバンクと比較すると基地局は少ないのが現状です。

またwimaxは無線インターネットの中では速度制限が緩いと言えますが、固定回線と同じ感覚で使用すると速度制限が掛かるので注意しましょう。

通信制限がないことを謳い文句としているギガ放題プランの場合は月間制限はないのですが、3日間で10GBという制限があります。

外出時に使う分には問題はありませんが、動画をメインに見る人が自宅用回線として使用するのには不向きです。

他にも原則3年契約、専用ルーターが必要といったデメリットがあります。