トラブルに合う前に見ておきたい悪徳現金化業者の汚い手口

クレジットカード現金化業者の中には、残念ながら悪質業者も紛れ込んでいます。悪質業者へ遭遇してトラブルになる前にある程度ではありますが悪質の可能性が高いポイントを見分ける事は出来ます。

トラブルに遭遇する前にチェックしておきたいポイントを挙げていきましょう。

キャンセル料を請求してくる

クレジットカード現金化は基本的に商品購入前まではキャンセルする事が可能です。

もし業者の提示した換金率がHPより低くて納得しなければそのままキャンセル出来る様になっていますが、悪徳業者の場合はキャンセルする意思を見せた途端に高圧的な態度へと変貌し、脅しをかけて低い換金率のまま現金化しようとしてきます。

それでもキャンセルをしようものならキャンセル料を請求しどっちに転んでも現金化をせざるを得ない状況へと追い込ませます。

振込や発送以外の手数料を取ってくる

クレジットカード現金化では手数料を取られる事がありますが、内容自体は口座への振込手数料だったり商品購入の発送費と現金化する上でどうしても生じてしまう部分の手数料で、仕方ない部分としてまだ割り切る事は出来ます。

しかし悪徳業者の場合、それらに加えて現金化手数料や保証料等明らかに取ってつけた様な手数料で渡す現金を不当に減らしていく事を平然と行います。

納得しなくてキャンセルしよう物なら、上のキャンセル料の請求してくるので結局やるしかなくなります。

後出しで条件変更を提示してくる

HPと書いてある事と実際に現金化を申し込んだ時、条件が違っている事はどの業者でもよくある事ですが、悪徳業者の場合はその頻度が多すぎるのが問題なのです。

HPで新規顧客向けに○万円キャッシュバックと買いておいて、実際には行っていないただの客寄せ目的で載せているだけだったり使えるクレジットカードブランド内に書いてあるのに一部のブランドだけ不当に換金率を低く下げてくる等の行為を平然と行います。

悪質業者はパッと見ただけでは一般のクレジットカード現金化業者と変わらない姿で営業していますが、申し込みや問い合わせをしてみると何かしらの違和感が生じ悪質かそうでないかの決め手を見つける事が出来ます。

もし悪質だと思えば、そのまま現金化へは進まずにそのままキャンセルの趣旨を伝えそのままキャンセルするのが一番安全ですので、態度を変えられても臆せずにいきましょう。

現金化 悪徳業者の特徴まとめ