カテゴリー: トラブル回避

首イボは人にうつるって本当?恋人や家族にうつさない方法とは?

イボができると、家族や恋人にうつしてしまわないか心配ですよね。果たして首イボは人にうつるものなのでしょうか。うつるのを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

「家族や恋人にイボをうつすのや嫌」
「そもそもイボってうつるものなの?」

気になりますよね。そこで当記事では首イボの感染の可能性や、その予防策等をご紹介いたします。

首イボは人にうつるの?ウィルス性か否かの見分け方は?

結論を申し上げれば、ウィルス性のイボは人にうつります。なぜならそれはインフルエンザなどと同じく、ウィルス感染によって発症する一つの病気であるからです。

イボを発生させるウィルスにはヒトパピローマウィルスやボックスウィルスがあり、これらは傷口などから体内に侵入し、イボを発生させます。

当然人にうつる可能性もあり、たとえば、あなたのイボを誰かが傷のある手などで触ったりすると、その人にも同じようにイボが発生する可能性があります。

首にはできにくいが……

ウィルス性のイボは、首にはできにくいという傾向があるようです。したがって、あなたの首イボがウィルス性のものであるとは限りません。

ただ、別の部位にあるウィルス性のイボを触った手で、首を触ることにより、イボが首にもできてしまうという可能性はあります。

たとえば普段からネックレスをつけている人、タートルネックを着ている人は、首に細かな傷がついている可能性が高く、ウィルス性のイボに感染しやすい状態にあると考えられるでしょう。

ウィルス性か否かは判別可能?

イボにはウィルス性のものと、そうでないものがありますが、それを一般の方が見分けるのは難しいと思います。

老人性のイボは黒っぽくシミのようになるという特徴がありますけれども、もちろん例外もあるでしょうし、素人目にはわからない場合が多いです。

ですからイボができたときには、家族や恋人になるべく伝染さないよう配慮が必要となります。ではイボをうつさないためにはどうすればよいのでしょうか。

恋人や家族にイボをうつさない方法とは?

イボに触らない、触らせない

あなたがイボに触った手で、ドアノブやソファ、皿などの食器類を触ると、そこにウィルスが付着してしまう恐れがあります。もちろんあなたの家族や恋人が直接触ることで感染する可能性もあります。

イボができたときには、触らない、触らせないを徹底しましょう。絆創膏などで覆い隠すのもひとつの手段です。

洗濯物を分ける

イボができたときには洗濯物を分けましょう。できれば洗濯機は使わずに手洗いをしたいところです。それが難しい場合は、イボのある人とそれ以外の人の衣類を分けて洗濯をしましょう。

ただし、洗濯物をわけても、洗濯機の中にウィルスが残存してしまう可能性はあります。なのでウィルス性のイボは早めに退治すること、皮膚科で治療を受けることが大切です。

湯船に浸かるのを避ける

イボのあるうちは、湯船に浸かるのを避けましょう。湯船の中にウィルスが残って、それにより家族にウィルスが伝染してしまう可能性があります。

念入りに掃除をすればおそらくは大丈夫だと思いますが、一応気を付けたほうがよいでしょう。

それともちろん、シャワーだけでもうつる可能性はありますのでご留意ください(床や壁にウィルスが付着する可能性もある)。ウィルス性のイボはこのように、早く治療しないと周りに迷惑がかかるんですね。

まとめ

以上、ウィルス性のイボの感染の危険性と、その予防策についてお話し致しました。

ウィルス性のイボは放置しておくとどんどん増えていきます。自然治癒することはほとんどないと考えたほうがよいでしょう。

早めに皮膚科に行って液体窒素やレーザーでの治療受けることをおすすめいたします。

液体窒素治療は保険適用なので、費用も数百円からと安いですし、痛みも言うほど強くありませんから、ぜひ試してみてください。

トラブルに合う前に見ておきたい悪徳現金化業者の汚い手口

クレジットカード現金化業者の中には、残念ながら悪質業者も紛れ込んでいます。悪質業者へ遭遇してトラブルになる前にある程度ではありますが悪質の可能性が高いポイントを見分ける事は出来ます。

トラブルに遭遇する前にチェックしておきたいポイントを挙げていきましょう。

キャンセル料を請求してくる

クレジットカード現金化は基本的に商品購入前まではキャンセルする事が可能です。

もし業者の提示した換金率がHPより低くて納得しなければそのままキャンセル出来る様になっていますが、悪徳業者の場合はキャンセルする意思を見せた途端に高圧的な態度へと変貌し、脅しをかけて低い換金率のまま現金化しようとしてきます。

それでもキャンセルをしようものならキャンセル料を請求しどっちに転んでも現金化をせざるを得ない状況へと追い込ませます。

振込や発送以外の手数料を取ってくる

クレジットカード現金化では手数料を取られる事がありますが、内容自体は口座への振込手数料だったり商品購入の発送費と現金化する上でどうしても生じてしまう部分の手数料で、仕方ない部分としてまだ割り切る事は出来ます。

しかし悪徳業者の場合、それらに加えて現金化手数料や保証料等明らかに取ってつけた様な手数料で渡す現金を不当に減らしていく事を平然と行います。

納得しなくてキャンセルしよう物なら、上のキャンセル料の請求してくるので結局やるしかなくなります。

後出しで条件変更を提示してくる

HPと書いてある事と実際に現金化を申し込んだ時、条件が違っている事はどの業者でもよくある事ですが、悪徳業者の場合はその頻度が多すぎるのが問題なのです。

HPで新規顧客向けに○万円キャッシュバックと買いておいて、実際には行っていないただの客寄せ目的で載せているだけだったり使えるクレジットカードブランド内に書いてあるのに一部のブランドだけ不当に換金率を低く下げてくる等の行為を平然と行います。

悪質業者はパッと見ただけでは一般のクレジットカード現金化業者と変わらない姿で営業していますが、申し込みや問い合わせをしてみると何かしらの違和感が生じ悪質かそうでないかの決め手を見つける事が出来ます。

もし悪質だと思えば、そのまま現金化へは進まずにそのままキャンセルの趣旨を伝えそのままキャンセルするのが一番安全ですので、態度を変えられても臆せずにいきましょう。

現金化 悪徳業者の特徴まとめ