作者別: presto-net

トラブルに合う前に見ておきたい悪徳現金化業者の汚い手口

クレジットカード現金化業者の中には、残念ながら悪質業者も紛れ込んでいます。悪質業者へ遭遇してトラブルになる前にある程度ではありますが悪質の可能性が高いポイントを見分ける事は出来ます。

トラブルに遭遇する前にチェックしておきたいポイントを挙げていきましょう。

キャンセル料を請求してくる

クレジットカード現金化は基本的に商品購入前まではキャンセルする事が可能です。

もし業者の提示した換金率がHPより低くて納得しなければそのままキャンセル出来る様になっていますが、悪徳業者の場合はキャンセルする意思を見せた途端に高圧的な態度へと変貌し、脅しをかけて低い換金率のまま現金化しようとしてきます。

それでもキャンセルをしようものならキャンセル料を請求しどっちに転んでも現金化をせざるを得ない状況へと追い込ませます。

振込や発送以外の手数料を取ってくる

クレジットカード現金化では手数料を取られる事がありますが、内容自体は口座への振込手数料だったり商品購入の発送費と現金化する上でどうしても生じてしまう部分の手数料で、仕方ない部分としてまだ割り切る事は出来ます。

しかし悪徳業者の場合、それらに加えて現金化手数料や保証料等明らかに取ってつけた様な手数料で渡す現金を不当に減らしていく事を平然と行います。

納得しなくてキャンセルしよう物なら、上のキャンセル料の請求してくるので結局やるしかなくなります。

後出しで条件変更を提示してくる

HPと書いてある事と実際に現金化を申し込んだ時、条件が違っている事はどの業者でもよくある事ですが、悪徳業者の場合はその頻度が多すぎるのが問題なのです。

HPで新規顧客向けに○万円キャッシュバックと買いておいて、実際には行っていないただの客寄せ目的で載せているだけだったり使えるクレジットカードブランド内に書いてあるのに一部のブランドだけ不当に換金率を低く下げてくる等の行為を平然と行います。

悪質業者はパッと見ただけでは一般のクレジットカード現金化業者と変わらない姿で営業していますが、申し込みや問い合わせをしてみると何かしらの違和感が生じ悪質かそうでないかの決め手を見つける事が出来ます。

もし悪質だと思えば、そのまま現金化へは進まずにそのままキャンセルの趣旨を伝えそのままキャンセルするのが一番安全ですので、態度を変えられても臆せずにいきましょう。

現金化 悪徳業者の特徴まとめ

コレだけは押さえておきたい!仮想通貨の売買の注意点

余剰預金で行うこと

まず最初に押さえておきたいポイントは、仮想通貨というのはハイリスクハイリターンの商品であるという点です。

ビットコインを初期の段階で購入して何千万、中には億単位の利益を得た人も存在する一方で、大きく値を下げて購入した金額を下回ってしまったという人も存在するのが現状です。なので仮想通貨の購入は必ず余剰預金で行うようにして下さい。

預金を全て仮想通貨にとか上がることを見越して生活費さえも注ぎ込むことはしないようにして下さい。仮想通貨の代表格であるビットコインでさえこれまでに3度の大暴落が起こっています。

それでも長期的に見ると値上がりする可能性が高いということが出来るので長期的に運用することが出来るお金で仮想通貨を購入することが重要です。

そうでないと手持ちのお金がないから値下がりした時に売らないといけない羽目に陥ってしまいます。

仮想通貨、取引所を自分で選ぶ

仮想通貨にしろ、仮想通貨を売買する取引所にしろきちんと自分で情報収集をして選ぶようにして下さい。

仮想通貨を購入する人の中には人から勧められるままに「儲かるらしい」といったあやふやな情報のみで購入する人も存在しますが、それはとても危険です。

人から聞いた話を鵜呑みにせずに本当にお勧めの情報なのかをきちんと吟味して、自分で結論を下すようにしましょう。

自分のお金で仮想通貨を購入してやり取りをするのですから全ての結果は自分に反映します。仮想通貨は定期預金などとは異なり元金保証などはなく、コインチェックといった取引所のトラブルも記憶に新しいと言えます。

どの仮想通貨を購入するか、どこの取引所を利用するかは全ては自己責任なので他人任せの安易な決断はNGです。

リスクを分散させる

仮想通貨を購入する際には少々手間でも数種類の仮想通貨を購入する、取引所を複数利用するといったリスクの分散が重要です。

一番メジャーなビットコインだからとか最も利用者が多い取引所だから安全といったことはないので自分でリスク管理を徹底することが大切です。

リスクを分散させておけば一度に全てを失うといったことはありません。

仮想通貨は技術が確立されれば今後は伸びていきます

仮想通貨の今後
金融庁が監視に入った仮想通貨は将来的にどうなっていくのか?世間では仮想通貨が終わりだという人が出てきているので不安になる所ですが、世界ではブロックチェーン技術の新たな開発に取り組んでいます。

セキュリティにおいて盗難されにくい通貨を作り出そうとしているので、ネットがある限り仮想通貨は終わりを迎えることはありません。

大手企業はマイニングに莫大な投資をしています。

マイニングとはビットコインを発掘して報酬を得るもので、帳簿合わせをして最初に作業を終えた者に対してビットコインが支払われます。

アルトコインと言われているビットコイン以外の仮想通貨なら個人レベルで採掘は可能ですが、ビットコインになると個人ではマイニングできる状態ではなくなってきました。

採掘するために大型のコンピューターを導入するので電気代が莫大になってきます。海外の大手企業では発電所を設置してまで採掘を試みようとしています。

仮想通貨が大揺れになってもマイニングを中止しないということは、将来的に普及していく見込みがあるからだといえます。

2017年はビットコインを始めとしてたくさんの仮想通貨が暴騰しました。

このまま上昇するのかと思いきやあっという間に値を下げていきましたが、元々の適正値というのがあるので実用性のない部分はカットされてしまいます。

ビットコインは決済で使われているお店が増えているので、それらのお店が決済をやめない限り価値を失うということはありません。

適正値が元々10万円ぐらいの価値だったかもしれませんし50万円ぐらいの価値だったかもしれません。

ビットコインは一時200万円の値を付けましたが、人気が人気を呼んでバブルになってしまっただけで、200万の値を付けたのはまだ早すぎたといえるでしょう。

ビットコインは処理能力が遅いので、今後はもっと早く処理が行われる仮想通貨に代替されるようになります。

イーサリアムやビットコインからハードウォークしたビットコインキャッシュなどで決済が増えれば、ビットコインと同じように注目されるようになるかもしれません。