アルトコイン選び
仮想通貨として最も有名なビットコインは、一度取引を行った記録を確認するために10分の待ち時間が少なくとも存在します。

取引量が膨大になるにつれて、ブロックチェーンサイズが小さすぎて取引遅延を起こしていることも確かです。

仮想通貨は、設計段階で暗号プロトコルにより取引内容の正確さを検証するよう作られているので、安全のために行われている作業ですが、新たに登場しているアルトコインならば、最初からビットコインで起きている問題点を改善してからリリース可能です。

アルトコインはビットコインよりも進化しているものが多い

ビットコインは、国が関わらずに独自の暗号プロトコルにより発行される暗号通貨です。アルトコインは、ビットコインよりも後発ですから、開発者が設計を行う際に既にビットコインで起きている問題点を考慮した上で設計出来ます。

イーサリアムでは、スマートコントラクトを採用することで、通貨としての流通性だけでなく個人間契約の内容までブロックチェーンに記録保存することが可能となりました。

日常的なビジネスの世界でも、契約書面が後から改竄されないように複数の契約書を作成して、互いに署名捺印を行い保管しています。

スマートコントラクトを活用すれば、更に重要な契約内容であっても第三者を立てることなくブロックチェーン上に記録可能です。

安全性を重視したセキュリティーと不正アクセスに対して強固な作りを持たせることが出来るので、アルトコインは特定の目的に沿った使い方に適しているわけです。

人気のあるアルトコイン詳細【仮想通貨のアルトコインまとめ

匿名性を重視したアルトコインなら取引も安全

セキュリティー面で強いアルトコインですが、記録される内容に対する匿名性にまで考慮した仮想通貨が登場しています。

Zcash、Dash、Moneroといった暗号通貨は、誰が誰に対して送金したのかといった記録についても暗号化されているので、匿名性を高めた仮想通貨と考えられています。

当事者のみが細かい契約内容と送金内容を知っていて、正しいことの証明はブロックチェーン技術により行われるけれども、第三者からは取引の中身が見えないように出来ているわけです。

ブロックチェーン技術を用いてセキュリティーを高めているだけでなく、取引結果についても分散して世界中のコンピューターに格納されている状態ですから、暗号通貨に加えて匿名性まで兼ね備えた仮想通貨として注目を集めています。

取引記録を積み重ねるためには、世界中のコンピューターによる計算能力が必要ですが、マイニングプールが複数稼働しているので、取引結果の確定もスムーズな状況が続いています。